DIY(日曜大工)でカンタンにできる間伐材フェンス

防腐処理を施した杉材は土に接していても腐りませんからコンクリートの基礎が要りません。
基礎の要らない簡単にDIYのできる基礎レス工法を考案しました。

パース

基礎レス工法の施工手順

間伐材フェンスを設置する場所の根伐りを行います。
根切りの幅は40センチ程度、深さはフェンスの高さにより異なりますが、土に埋める場合はフェンスの高さの1/4程度が最適です。
コンクリートを打設する場合の根伐り深さは、フェンスの高さに関係なく30cmです。その他のコンクリートに穴をあけ鉄筋を差し込み間伐材フェンスを立てる工法も有りますので、お問い合わせください。

根伐り

根伐りが終わりましたら、900@いないで防腐処理をした木杭80Φを打設します。
打ち込み天端は、フェンスの下端から土台の角材9cmを下げた深さにします。
高さを揃える為に、防腐処理をしたカイ木を天端に載せビス止めをして調整します。

打設

レベルを調整した後に、
防腐処理をした9cm×9cmの角材をのせ、水平の調整をします。
調整には根伐りをした土を利用し、土台の天端まで埋め戻しながら土台を設置します。

土台設置

通りとレベル調整を行いながら、木杭に土台を12cmのビスで止めます。
ビスは、埋め戻しを行うまで固定をする仮止めです。

ビス止め

土台に間伐材フェンスを載せ、ビスを写真のように止めます。
側からのビス止めは、表と裏の両方から止めます。
ビスは埋め戻しを行うまで固定をする仮止めです。

仮止め

間伐材フェンスを設置した後タテ入れを見た後埋め戻しを行い、
間伐材フェンス周囲の土の突き固めを行います。
基礎レス工法の最大の魅力は、周囲に植栽が出来る事です。
簡単に施工できますから移動や撤去もローコストです。

完成

写真の間伐材フェンスの材料費は1mあたり4,500円(キャンペーン価格)で提供いたします。

※送料・消費税は別途、施工も承ります。お見積もりは無料です。

お問合せ