間伐材タイルブロック

効果1年輪模様の天然デザイン

効果2天候による色の変化

効果3柔らかな体感(歩きごこち)

間伐材タイルブロックは、角材を輪切りにスライスして防腐剤加圧注入を施した製品です。最大の特長は、木の年輪のデザイン性と木の吸水性を生かす事で、雨天時に水溜りが出来ない事です。現在、木材の加工精度が良くなった事で、この様な製品を造ることが可能に成りました。木は、乾燥時に収縮し雨天時に水を含み膨張しますから、屋外での利用では接着剤の使用は出来ません、自社では釘やビスにより木タイル16枚(4×4)25枚(5×5)をブロックにして販売をしています。

間伐材タイルブロックの製作方法は、登録商標を取得しております。屋外ばかりでなく、低温乾燥をした桧で造る、防腐注入を施さない、裏面にラバー貼った内装用の厚さ30ミリの製品も開発しましたので、建物の木質化の際には御利用頂ければと思います。雨天時と晴天時含水量が多いと黒く変色します、乾燥時には、収縮しタイル間に隙間が現れまた異なる味わいが有ります。

基準価格
材料厚さ 9cm 1㎡ 12,000円

その他実績

お問合せ