間伐とは?

森林に苗木を植えてから15〜20年位経ち、木々が成長してくると、林の中が混み合い、枝葉が重なりあうようになります。この状態ではそれ以上枝・葉を広げることは難しくなり、お互いに成長を阻害してしまいます。そこで、一部の木々を抜き伐ることにより枝葉を広げる空間をつくってあげます。残された木は枝葉を広げることができ、より多くの光が降り注ぐようになり、健全に成長することができます。

間伐されないとどうなるか?

間伐を行わないと、太陽光が根元まで届かず、暗い森林となってしまいます。
太陽光が下層まで届かないことで下草が生えなくなります。土の保水力は低下し、土に栄養が回らなくなっていくことで木の成長は止まってしまいます。

※幹が太くなることなく細いまま成長した林を"線香林"と言います。線香林は風雪害によって簡単に折れてしまい、大変危険な状態です。

やがて地表がむき出しとなり、雨などとともに土が流れ去り根までがむき出しとなります。
間伐されていない未整備林からは小径間伐材しか採れなくなります。

※利用価値のない小径間伐材は採算のとれないことから、間伐後そのまま放置されてしまいます。これを"伐り捨て間伐材"といいます。

間伐をするとどうなるのか?

  • 間伐を行うことにより、残った木は幹が太くしっかりとした健全な木に育ちます。
    その結果、天災等に強い健全な森林となります。
  • 林内に光が入り、下層に植生が生じます。これにより、森林の土壌が守られるとともに生物の多様性につながります。
  • 伐された森林では木々の成長が促進されるため、二酸化炭素の呼吸量が増加し、温室効果ガスの削減機能も発揮します。

間伐を行うことは、森林を健康に保ち地球環境保全へとつながっていきます。

お問合せ